まいにち、ごちそうさま。

ごちそうさまは笑顔になれるおまじないの言葉♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨♪


今の時期は雨って言うより季節的には雪ですかね(笑
先日何気なく出てきた唄が「雨」
そう三善英史さんの歌。
知らない人も多いだろうね。

「雨に濡れながらたたずむ人がいる
 傘の花が咲く土曜の昼下がり………

 道行く人は誰ひとりも見向きもしない♪」


だって傘の花が咲いてるくらいだから
天気予報は雨だったはず
それなのに雨の中に立ってる人なんて不気味すぎ!
せめて屋根のあるところにいればいいのに…
(それじゃ面白くないっか
見ちゃいけないって感じを醸し出してるよね(爆
何でヒットしたか今では不明だわ。


で、次に出てきたのは何故か小柳ルミ子さんの「私の城下町」
歌ってたら何故か

「………
 好きだとも言えずに
 ただ川のほとり♪」

この後がどうしても
「道行く人は誰一人も…♪」って何故か「雨」になっちゃう。
どうしても思い出せなくて調べたら

「ゆきかう人に なぜか目をふせながら
 心は燃えている~♪」だった。
あ~すっきりした。

何か似てるよね。似てない???


あと我が家で笑えるのは
渡哲也さんの「くちなしの花」

「………くちなしの花の 花の香りが
 地獄の果てまでついてくる♪」(怖!
ってなってしまう。(爆
本当は
「旅路の果てまでついてくる」なんだけど…
何故か「蠍座の女」に変化しちゃうんだよね。

今の歌の歌詞は言葉がいっぱい詰まっているけれど
昔の歌謡曲は少ない。
これって時代の情報量とか速さとかにも関係してるのかな?

余りにも懐かしすぎて
ついてこれない人が多くてごめんなさ~い
関連記事
スポンサーサイト

| おまじないの言葉 | 11:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puffpuff06.blog14.fc2.com/tb.php/611-a27c8cc3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。