まいにち、ごちそうさま。

ごちそうさまは笑顔になれるおまじないの言葉♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お盆になると…


例年はお盆になる旦那様の実家へ帰省するか
自宅でのんびりするかのどちらか…

混んでるし、暑いし
本当は自分の両親のお墓参りに行きたいけれど
なかなかそうも行かず…

今年は義父の新盆だから絶対行かなくちゃいけない
そして今年の暮れは一周忌…
続くなぁ…

でも両親の死がどれだけ悲しいことか
旦那様にも少しは理解してくれたのかなっても思う。
かなり意地悪な私です。。。
しかも愛犬と両親が立て続けににいなくなったって
どれだけ辛かったか。
今更わかってもらっても仕方ないことだけどね。


旦那様の実家はお盆も大騒ぎになるらしい。
ウチの実家の方は(するところは盛大なんだろうけれど)
お参りに来て頂いて
どうもありがとうございます。
で終わるのに
どうも違うらしい。
お参りに来て頂いた方には
お膳や志とお菓子などを準備して
小さな法要みたいな感じになるらしい。
そして毎日のように
お義母から
墓の事やらお盆の提灯について連絡がある。
地元じゃないから知らないよ~

大体爪楊枝までなんでこっちから送るのか???
四十九日の時もド疲れだたのに…
当の旦那様は仕事の関係で当日ご到着で
引き出物のお菓子の準備やすったもんだなんて知らん顔だし…
まあ男の人はそんなものかな。
これは言ってもしょうがないね。
嫁がするのがあたりまえなんでしょう。



ところで…
旦那様の実家はまだ近所でお葬式を出すのが
定番らいのですが、
母は亡くなった日が大雪だったことに
かこつけて葬儀屋さんに頼みました。
これはこの村にとっては
格好の噂のタネになったことはいうまでもありません。
でも我々にとってはプロに頼むと言うことは
スムーズに進んでくれてかなり楽でした。
それでも色々あったけど。。。


ウチの実家の方は昨日も書きましたが
かなりドライな考え方で
しかもすべて葬儀屋さん任せで
極端に言うと電話1本であとはカタログで
いろいろ選ぶだけって感じです。

ところが旦那様の実家はまだ近所で出す習慣が残っているので
葬儀屋さんにと言っても
病院から直接電話して済むってことじゃなかったみたい。
…私は嫁だし、習慣など知らないので
当然迎えのリムジンみたいなやつが来るのを
待っていたら


なんと自家用車で丁寧に毛布にくるまれた
お義父様を自宅まで運びました。
助手席に乗せて…

これが驚きの
お葬式の始まりでした・・・

今までいろんなびっくりがあったけれど
一番のカルチャーショックでした。



だけど考えようによっては
家族と一緒に家に帰れるなんて幸せですよね
関連記事
スポンサーサイト

| おまじないの言葉 | 11:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puffpuff06.blog14.fc2.com/tb.php/707-6803ecb5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。