まいにち、ごちそうさま。

ごちそうさまは笑顔になれるおまじないの言葉♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

江戸のお話し…お相撲さん


先日我が家に送られてきたアンケート。
内容は保険についてだったんだけど
答え方の例題が

「お風呂は熱い方が好き」or「どちらかというとぬるい方が好き」

余りにアンケートの内容とかけ離れていて
ちょっとわらっちゃった^^
…どうでもいいお話しでした


では今日の本題に(ってほどの話でもないですね
昔から神事としてお寺社などに奉納されていたお相撲。
庶民向けに興行がおこなわれるようになったのは江戸時代初期。
許可されていたのは寺社建立や修繕費用を集める
資金集めの勧進相撲だったんだけど
興行の度に判定でもめて
喧嘩や刃傷沙汰まで起きて一時禁止に・・・

そのあと復活してから(1684年)土俵も考案され
1747年ぐらいからは勧進目的じゃなくても
興行が許されるようになりました。


その中心だったのが回向院(えこういん)境内での相撲。
1833年からは春秋の2回、10日間の本場所が常例となったとか。

江戸時代は歌舞伎役者、花魁とならんで力士も
江戸っ子の憧れのスターだったんですね。

「一年を二十日で暮らすいい男」って川柳にもあるくらい。


おまけ:ちなみに回向院には「ねずみ小僧次郎吉」のお墓もあって
    合格祈願に人気らしい… 


おまけ2:このお寺の近くに吉良上野介の屋敷跡があります。
     討ち入りした義士は回向院で休憩しようと思ったけれど
     断られちゃったんだって。



参考:江戸散歩・東京散歩   
   蔵前タウンガイド 勧進相撲

関連記事
スポンサーサイト

| おまじないの言葉 | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puffpuff06.blog14.fc2.com/tb.php/730-0793132b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。